綺麗な家をキープする対策とは|長生きホームの長寿の秘訣

マンションでも大丈夫室外工事を依頼しよう

住宅の見た目

一つの工夫でこんなに変わる

年数がたってきて家の外壁を塗装を行う際に少し工夫を取り入れるだけで見た目が大きく変わってきます。全て1色の色で塗ったとします。確かに綺麗になり見た目も良くなります。ここで一工夫加えると、少し古い家でも今風な家に近づくことができます。それは、色の塗り分けです。例えば、外壁塗装を行う際に、ベースを白系にします。家全体を白系にしたところで、出窓や窓の着いた場所を塗り分けます。例えば出窓の部分に黒系を加えます。そーするとスタイリッシュな雰囲気の家に変わります。1階部分と2階部分の色を変えてみても見た目が大きく変わってきます。塗り分け場所を考えてみたり、使う色、また何色取り入れるのか、これらを工夫するだけで得られるメリットは大きいです。

外壁塗装を行う前に確認

外壁塗装を行う前に、まずコーキングの劣化がないかを確認します。せっかく塗装を行い見た目が綺麗になっても、コーキングの劣化により水漏れしていては外壁塗装した意味がなくなります。水漏れにより外壁の下地自体が腐り、外壁そのものが傷んでしまっては、塗装を行った外壁がボロボロと剥がれてしまいます。コーキングの劣化が著しく外壁自体が弱ってしまえば張り替えにまでなってしまうので、現在の取り組みとしてはコーキングの劣化を確認することです。外壁塗装を行う前には必ずコーキングの劣化を確認、劣化している場合はコーキングをうちかえてから外壁塗装を行うのが良いです。塗装を行うことにより、清潔感もでてより良い生活を送れます。

Copyright (c) 2015 綺麗な家をキープする対策とは|長生きホームの長寿の秘訣 all reserved.